ジャンパー膝の痛みでお悩みの方は! 大田区 池上 久が原 千鳥町骨盤治療院

ジャンパー膝とは名前が示すごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。

 

中学生から高校生に多いのですが、

原因としては、大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つに挙げられます。特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、相対的筋短縮(筋肉が硬い)状態を招いた結果、そのストレスが末梢の膝蓋骨周辺に蓄積するために起こる慢性・疲労性障害です。

 

ジャンパー膝は急性外傷ではないために運動指導者や選手の障害に対する知識が乏しく、大半の選手は発症初期に医療機関を受診していません。治療を怠ると慢性化の原因にもなりますので、運動指導者はこの疾患について正しく理解をした上で、練習内容や時間の調整を十分に行ってください。

 

スポーツや競技をを痛みや、怪我で続けられなくなってしまうのはとても残念に思います。

 

一日も早く治すためには、

まず痛みがどこから出ているのか検査する事が大事です。

千鳥町骨盤治療院では羽田野式ハイボルト療法を使って検査と治療をしています。

 

 「早期に治る症状」 か 「早期に治らない症状」なのかを検査させてください。

 

この検査で一番の原因を探し出すことが治していく為の近道です。

※当院では、状態によって早期に治せない場合、大田区の専門医院・クリニックをご紹介させて頂きます。

 

当院では検査を基に、的確な治療と正しい生活指導をお伝えし

治していくために必要な知識をつけながら完治を目指します。

その痛みが、

①痛みの原因が筋肉から来ている症状

②神経の圧迫や興奮から来ている症状

 

この2つが原因の場合は当院の治療で、驚きの結果を出すことが出来ます。

症状が当てはまる方は、1度検査のお問合せください。

 

当院で早期回復できます!

 

 

千鳥町骨盤治療院

 

ご相談電話番号:03-6426-8895

住所:東京都大田区千鳥1丁目3-19

マップ